2017年1月7日土曜日

冬季アクセスのご案内 Access in wintertime 2016-17


当ギャラリーは豪雪地帯に位置しており、冬季のお車でのご来館にはタイヤチェーンやスノータイヤなどの装備が必要となります。
主要道路はすべて除雪されており、建物の前までお車でお越しいただくことが可能です。
天候、道路状況などについてお気軽にお尋ねください。

宿泊のお客様は、最寄りの駅(越後鹿渡、松代、十日町)まで車でお迎えに参りますので、電話またはemailにて事前にご連絡ください。
info@yamakiwagallery.com 025-594-7667

This area has heavy snowfall during wintertime and the visitors need to put snow tires or snow chains on your car.
All the main roads are kept in a good condition and you can reach the gallery by car.
If you should have any inquiries about weather condition or car equipment, please feel free to contact us.

If the visitors of the art hotel need a pick-up service at the nearest station (Echigo-Shikawatari, Matsudai, Tokamachi), please contact Yamakiwa gallery.
info@yamakiwagallery.com 025-594-7667


Review 季刊誌「庭」2016冬号


記事中に当館についてのコメントをいただきました。


2016年12月22日木曜日

Press release: Honesty Is the Greatest Fidelity



(日本語は下に続きます)

Honesty is the greatest fidelity
Zehra Arslan, Robin von Einsiedel and Motoko Ishibashi

Dates: 26 November 2016 - 25 February 2017
Opening reception: 26 November 2016
Artists talk: 28 November 2016 7:30 pm (S.Y.P Art Space at Shinjuku, Tokyo)
Funded by Great Britain Sasakawa Foundation

Yamakiwa Gallery is pleased to present Honesty Is the Greatest Fidelity, an exhibition of new works by Zehra Arslan, Robin von Einsiedel and Motoko Ishibashi, completed during their residency in Tokamachi, Japan. The exhibition will feature various bodies of work: from site-specific installations, paintings and two new video pieces. HITGF will also feature a talk at S.Y.P Art Space in Tokyo, reflecting on the artists’ time in Tokamachi. A screening of ‘the ballad opera’, a new video piece, followed by a discussion on distortive narrative methods as a depiction tool of contemporary landscape and culture, will take place on the 28th of November.


Tokamachi
(on love, politics and nature)

Dear Tony, Elisabeth and Catherine,

I guess the works are trying to investigate a kind of transient way to claim space without necessarily occupying it. I was thinking of rhythm a lot and the rhythmicality of things. This could be in terms of walking as an investigative tool to generate content. The undressing of the landscape made me think of honesty as an instrument to digest and construct ideas. The thought of a kind of transparency, ghostlike presence of the work kept recurring. I also thought I wanted this whole thing to be more of a handshake than a hug. Does this make sense? I wanted the work to be there without claiming any occupancy. I guess we are looking at the intersection of various forms of history through repetition. The pieces become in a way fixed foreign bodies or parts of bodies, which are pushed into the background. Almost resting, pausing and reflecting on the space they’re in. I didn’t want there to be any surprises. You know what the problem is with surprises? That it is evidence of an unwitting neglect of one another, and ourselves.

                                Text by Zehra Aslan




Honesty is the greatest fidelity
ゼーラ・アースラン、ロビン・ヴォン・アインジデル、石橋征子

会期:20161126日—2017225
オープニングレセプション:2016112614:00 – 17:00
アーティストトーク:2016112819:30 (東京・新宿S.Y.Pアートスペース)
助成:グレートブリテン・ササカワ財団

 やまきわ美術館は、20161126日より2017225日まで、展覧会Honesty is the greatest fidelity開催致します。本展は、3名のアーティストが当館において滞在制作した新作により構成されており、場の特異性を考慮して作られたインスタレーション、ペインティング、ビデオ作品など、様々な形式から成っています。また1128日には、東京のS.Y.P アートスペースにてアーティストトークを開催し、十日町における滞在を振り返ります。新作のビデオthe ballad operaを紹介し、歪められた物語がどのように現代の風景と文化を描くかについて、ディスカッションを行います。


とおかまち
(愛、 政治、自然について)

親愛なるトニー、エリザベス、キャサリンへ

 私が思うに、これらの作品は、空間を必ずしも占有せずとも引き立てることができるような、つかの間の在り方のようなものを模索している気がします。リズム、そして物のもつリズム感について、私はあれこれ思いを巡らせていました。物事の真意をつかもうと歩き回るような感覚でした。そうして移り変わる風景を見るうちに、 ‘素直さこそが様々なアイデアを消化し構築するための手段であると思うようになったのです。作品が何か透明な、幽霊のような存在であるという思いが繰り返し起こりました。これらの全てが、ハグするというよりは握手のようなものであって欲しいとも思いました。この意味が通じるでしょうか?私は、これらの作品が何かを占有すること無しに、ただそこにいて欲しかったのです。おそらく私たちは見ているのは、様々な形の歴史が繰り返し交錯する様なのだと思います。作品は据え付けられた異質な身体、またはその四肢となりながら、背景へと押しこまれています。休んでいるような、立ちどまっているような、あるいは、自分のいる空間に思いを馳せているような様子で。ここにはサプライズがあって欲しくなかったのです。サプライズの何が問題か分かりますか?それはお互いのことを、そして自分自身のことを、うっかり見過ごしてしまったしるしなのです。

文:ゼーラ・アースラン

2016年11月22日火曜日

Artist Talk: Honesty Is the Greatest Fidelity


(日本語は下に続きます)
Yamakiwa Gallery would like to invite you to S.Y.P art space in Tokyo for the evening of an artist talk.
As part of our programme, Zehra Arslan, Robin von Einsiedel and Motoko Ishibashi will be discussing their residency and exhibition at Yamakiwa gallery.

All three artists have worked independently as well as collaboratively on pieces, which highlight their research as well as individual methodology and approach to making. They will use this opportunity to look at the exchange between Yamakiwa, the artists and their time spent in the Tokamachi area.

Places are limited so please arrive early, as we will operate on a first come first serve basis.

Yamakiwa gallery is an artist run space, set in a traditional Japanese farmer's house in the mountains in Tokamachi, Niigata. The gallery runs an artist residency programme and art hotel, to support the exchange between artists, visitors and the local community.

このたびやまきわ美術館では、東京のS.Y.Pアートギャラリーにてアーティストトークを開催いたします。
3名の作家ゼーラ・アースラン、ロビン・ヴォン・アインジーデル、石橋征子が当ギャラリーにおける滞在制作と展示について語ります。

本展示では、現地でのリサーチと、各自の手法・アプローチの双方を用いながら、個人と共同の制作が一つに織り上げられています。このトークでは、やまきわと作家、そして彼らが十日町地域で過ごした時間の交錯を見つめたいと思います。

お席に限りがありますので、先に来場された方から優先とさせていただきます。お越しの際はお早めにお願いいたします。

やまきわ美術館は、新潟県山間部の小さな集落にある古民家を舞台とするアーティスト運営ギャラリーです。レジデンスとアートホテルを運営し、作家、来館者、そして地域の人たちの出会いと共有の場を提供したいと考えています。

//artsits: Zehra Arslan, Robin von Einsiedel, Motoko Ishibashi
 作家:ゼーラ・アースラン、ロビン・ヴォン・アインジーデル、石橋征子

//Director: Yuri Fukushima 福島ゆり

//date: 2016/11/28 Mon 1930: - 22:00
//location: S.Y.P Art Space
                 http://arttokyo.sub.jp/map/

Supported by S.Y.P Art Space
162-0065 東京都 新宿区住吉町10-10
10-10 Sumiyoshi-cho, Shinjuku, Tokyo

2016年11月13日日曜日

Exhibition: Honesty Is the Greatest Fidelity


(日本語は下に続きます)
Yamakiwa gallery is excited to announce 'Honesty is the Greatest Fidelity' by Zehra Arslan, Robin von Einsiedel and Motoko Ishibashi. 

Private view: 2016/11/26 14:00 - 17:00 
Exhibition: 2016/11/26 - 2017/2/26 Thu - Sun 
(closed 22/12/2016 - 8/1/2017)

Artist talk will take place in Tokyo on 2016/11/28 19:30 - 22:00. (location tbc)

-----

Yamakiwa gallery is an artist run space, set in a traditional Japanese farmer's house in the mountains in Niigata, Japan. The gallery runs an artist residency programme, to support the research, exhibition making and exchange between artists, visitors and the local community. 

The Art Hotel which started at the gallery this year invites visitors to spend the night at the gallery and have a closer experience within the rural landscape of Tōkamachi. 

Please see the website for more details: http://yamakiwagallery.com/hotel.html

This area has heavy snowfall during winter time. If you should have any inquiries about equipment when visiting by car, please feel free to contact Yamakiga gallery.
info@yamakiwagallery.com 025-594-7667

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

やまきわ美術館では今冬、展覧会Honesty is the Greatest Fidelityを開催いたします。

作家:ゼーラ・アースラン、ロビン・ヴォン・アインジーデル、石橋征子
オープニング:2016/11/26 14:00 - 17:00
会期: 2016/11/26 - 2017/2/26 木-日 (2016/12/22 - 2017/1/8を除く)

アーティストトーク in Tokyo: 2016/11/28 19:30 - 22:00
(場所の詳細は後ほどお知らせします。)

-----

やまきわ美術館は、新潟県山間部の小さな集落にある古民家を舞台とするアーティスト運営ギャラリーです。アーティストレジデンスによるリサーチや展覧会のサポートを行いながら、作家、来館者、そして地域の人たちの出会いと共有の場を提供したいと考えています。

また今年より開始したアートホテルでは、来館者の方たちがギャラリー内で夜を過ごし、十日町・松之山の自然の風景の中で、より親密な体験をしていただくことができます。

宿泊の詳細については、ウェブサイトをご覧ください。http://yamakiwagallery.com/hotel.html

当ギャラリーは豪雪地帯に位置しており、冬季のお車でのご来館には十分な装備が必要となります。天候などのご質問については、以下のemailまたは電話番号にご連絡ください。

info@yamakiwagallery.com 025-594-7667

2016年9月1日木曜日

Residency programme for artists and curators 2017-2018



The application is open to an individual artist, a group of artists or an independent curator.
The residency will culminate with an exhibition so applications are to include a detailed plan for the time to be spent at the residency, and an initial concept for the exhibition.   

We support artists and curators to hold local workshops and events during their residency. We also promote collaborative projects with other galleries and spaces in Niigata and Tokyo for the participating residents.

The application is open all year round
Dates of residency:
From March – May / October – December

Duration: 4 – 6 weeks

Accommodation: 2 rooms with 3 beds and futons (up to 4 persons)

Facilities: Wood workshop (Please ask for details)

Funds:
The gallery offers accommodation and transportation within the Tokamachi city area.
We offer Japanese grants support, but urge artists to also try and seek for funding from their individual countries.

How to apply:
Please send a proposal for the residency in a pdf format including your CV and 5-10 images to info@yamakiwagallery.com